日本帰国時の陰性証明書の義務付けについて

2021/1/11
1. 1月8日の緊急事態宣言発出に伴い、我が国水際対策措置が強化され、1月13日午前0時(日本時間)以降に一時帰国・帰国のため日本に入国する日本国籍者に対しても、新たに、出国前72時間以内に受検したPCR検査陰性証明の提出を求める決定がなされました。
つきましては、13日午前0時(日本時間)以降に日本に入国する便で日本に一時帰国・帰国予定の方は、ベラルーシ出国前72時間以内に受検したPCR陰性証明書を取得願います。
https://corona.go.jp/news/pdf/mizugiwataisaku_20210108.pdf

2. 有効な検査証明の形式(フォーマット)について、必要情報が定められておりますのでご注意下さい。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

3.  当館で把握している検査機関につき、ご参考までに以下のとおりです。
・共和国衛生学・感染症・公衆健康センター
https://rcheph.by/uslugi/grazhdanam/testirovanie-na-covid-19/
・共和国感染症学・微生物学科学実用センター
https://www.belriem.by/kalendar-priema/zapis-na-testirovanie.php
・ミンスク市衛生・感染症所
http://minsksanepid.by/
・ミンスク州衛生学・感染症・公衆健康センター
http://mocgeoz.by/ru/uslugi/lab_test_covid
・ブレスト州衛生学・感染症・公衆健康センター
https://ocgie.brest.by/?module=articles&c=news&b=3&a=117
・グロドノ州衛生学・感染症・公衆健康センター
http://ocge-grodno.by/index.php/news/laboratornoe-testirovanie-na-infekciju-covid-19/
・ヴィテプスク州衛生学・感染症・公衆健康センター
http://www.cgevtb.by/news/show/laboratornoe-testirovanie-na-infekciyu-covid-19
・モギリョフ州衛生学・感染症・公衆健康センター
https://www.mcge.by/DetailNews.aspx?NewsIDO=3766
・ゴメリ州衛生学・感染症・公衆健康センター
http://www.gmlocge.by/aktualnye-voprosy-o-grippe-i-drugih-ostryh-respiratornyh-infekciyah-i-ih

4.従来から、日本到着時の空港検疫の際に、入国者は全員が機内配布される質問票に記入して提出することになっておりますが、下記のWeb上での事前入力が可能となりました。出発当日にしか判明しない質問(座席番号など)についても、一旦、事前回答可能な項目のみ入力し、後刻「回答入力確認画面」から修正・入力が可能ですので、予め入力されることをお勧めします。
「質問票Web」入力ページ: https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp