陸路におけるベラルーシ入国禁止措置について

2020/11/2
ベラルーシ共和国国境委員会ウェブサイトによると、新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、11月1日から、外国人の陸路(道路検問所、簡易検問所、鉄道駅検問所、河川港検問所)でのベラルーシ入国が一時的に停止されました。ミンスク国立空港からの入国については、本制限措置は該当しません。
 
その他、本措置の例外となる主なケースは以下のとおりです。なお、個別・具体的ケースにおける実際の取り扱いはベラルーシ当局が判断することとなります。
 
・ベラルーシ国籍の配偶者、親、子を持つ外国人
・ベラルーシ領土における恒常的又は一時的な居住権を持つ外国人
・ベラルーシ領土における労働許可又は労働を行うことを証する書類を持つ外国人
・近親者の重病又は死亡に関する通知によりベラルーシを訪れる外国人
 
11月2日時点のベラルーシ保健省の発表によると、ベラルーシにおける新型コロナウイルス感染者数は計10万400名で、1日の新規感染者数が1000名近い日が連日続いています。在留邦人の皆様におかれましては、引き続き感染予防に努めていただくようお願いいたします。
 
また、日本外務省はベラルーシに対して、感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告:渡航を止めてください)を発出しています。(継続中)