ベラヴィア航空のフライト中止の延長が発表されました。(10月13日現在)

2021/10/13
本年5月23日、ベラルーシ当局により民間航空機の強制着陸及び反体制派ジャーナリストが拘束される事案がありました。同事案の影響により、ベラルーシを発着するヨーロッパ各国とのフライトが中止されていますが、その延長がベラヴィア航空により発表されました。
 
10月8日、ベラヴィア航空の公式ホームページによると、以下の期間及び行き先において、フライト中止の延長が発表されております。
 
●本年12月14日まで中止
(1)EU各都市
ウィーン、ブリュッセル、ブダペスト、ベルリン、フランクフルト、ハノーバー、ミュンヘン、バルセロナ、ローマ、ミラノ、ラルナカ、リガ、ヴィリニュス、アムステルダム、ワルシャワ、ヘルシンキ、パリ、プラハ、ストックホルム、タリン
 
(2)その他、以下の都市
ロンドン、キシニョフ、ベオグラード、キエフ、オデッサ、リヴィウ、ハリコフ、カリーニングラード
 
邦人の皆様におかれましては、航空券を予約する際に航空会社に問い合わせるなど、常に最新情報の入手に努めるよう、十分ご注意ください。